ドクター

命に関わる脳梗塞に注意|定期検診を忘れないで

脳の血管が詰まってしまう

先生

この病気の原因とは

近年脳梗塞は増加しているといわれています。脳梗塞とは脳の血管が血栓により詰まってしまう病気のことで、動脈硬化が問題となって起こります。動脈硬化を起こすのは、様々な要因がありますが、高血圧や喫煙、糖尿病や高脂血症などが主な原因だといわれています。脳梗塞を発症すると、ろれつがまわらなくなったり、片方の手足がしびれたり、バランスがとれなくなって転倒したりというような症状が現れます。主に、言語障害や失語症、運動障害や感覚障害、視野障害や平行感覚の障害などが現れるようです。何か変だと感じたら、一刻も早く病院を受診することが重要となります。早く血流を正常にしなければ、脳が正常に働かないからです。脳梗塞だと診断するために、頭部CTやMRI、胸部のX線撮影などの検査を行います。

この病気を治療するには

検査の結果、脳梗塞だと診断されたら、入院して薬物療法を行ない、治療をしていくことになります。脳梗塞を発症すると、麻痺などの後遺症が残ってしまう場合があります。そのような後遺症をできるかぎり軽減できるように、早いうちからリハビリテーションを始めることが大切です。また退院した後には、脳梗塞の再発を予防するために生活習慣を見直すことが非常に重要となります。血栓をできにくくする薬を医師の指示通りに正しく服用していくことも予防のためには大切です。自己判断で勝手に薬の服用をやめたりしてはいけません。高血圧の方は、血圧測定器で普段から血圧を測るようにするとよいでしょう。また過度なストレスをためないようにし、定期的に検診を受けるようにすることが予防のためにはとても大事です。

胃の調子が気になったら

病院

胃がんを予防するためには、生活の見直しも大切です。胃腸にやさしい生活をすることで、負担をかけないようにすることができます。ピロリ菌も胃がんの原因になるので、ピロリ菌がいるかどうかクリニックで調べて除菌することもできます。

もっと読む

自覚症状がないがん

相談

食生活の変化の影響で、すい臓がんにかかる割合が増えています。すい臓がんは初期症状がない事が特徴的で、進行した状態で発見されることが多いです。そのため、病気の治療のためには、定期的に検診を受ける事が大事です。

もっと読む

増える患者数

女性

大腸がんは患者さんの増えている癌で、この病気で亡くなる人も増えています。便秘や下痢を頻繁に起こす人は危険因子を持っているので定期的な検査をすると良いです。初期症状も排泄物に影響が出やすいので見逃さないようにすることが大切です。

もっと読む

イチオシリンク

  • がんのクリニック

    免疫治療に対応している医院はここで紹介しています。なるべく抗がん剤を用いない方法を探している場合にぴったりですよ。
  • ベルーガクリニック

    乳がん検診を定期的に行うことで、早期発見することができます。早期であれば、治療に専念することで改善することができるのです。
  • 富永病院

    聴神経腫瘍の症状を知っていますか?多くの患者が、その辛い症状に悩まされていますが、実績を積んできた医師が患者を健康体へと導いてくれます。
  • わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

    健康的な体を守りたいなら脳梗塞の対策法を身につけておきましょう。正しい知識をつけることは病気の予防に最も効果的です。